職場に適したタイムレコーダーで勤怠管理を完ペキに行おう!

タイムレコーダーの導入時に確認したいこと

タイムレコーダーは、従業員数が多い職場で勤怠管理をスムーズに行ううえで欠かせないツールのひとつであり、今や業種や業務内容などにかかわらず、全国的に導入が進んでいます。そうした中、タイムレコーダーを初めて導入する場合には、販売実績のあるメーカーの製品カタログや公式サイトに目を通して、内蔵されている主な機能についてじっくりと調べることが大切です。特に、出退勤時間の自動集計や給与計算などの機能が備わっているタイムレコーダーは、導入コストがやや高くなることがありますが、経理や人事の担当者の手間を大幅に省けるといったメリットがあります。

クラウド型のタイムレコーダーも増えている

クラウド型のタイムレコーダーは、インターネット環境さえあれば、場所を問わず簡単に勤怠管理ができることから、大手企業や官公庁を中心に需要が高まっています。こうしたツールの月々の利用料金は、提供元の方針やプランの種類などによって違いがあるため、余裕を持って評判の良い業者の料金システムを正しく理解することが大事です。たとえば、大画面で勤怠管理ができるクラウド型のタイムレコーダーは、実務経験が少ない経理担当者でも簡単に使いこなすことが可能です。なお、クラウド型のタイムレコーダーを長く使い続けるうえで、導入後のアフターサポートがしっかりしている業者を探すことがおすすめです。その他、自社のニーズに合うタイムレコーダーを選ぶにあたって、様々なタイプの製品を導入している企業の事情をチェックしてみると良いでしょう。

タイムレコーダーとは労働者が出退勤する時間を記録することができる装置で、多くの企業で利用されています。

社員研修のディスカッションで心がけること

ディスカッションには反対意見も必要社員研修で行われるグループディスカッションの場では、充分なディスカッションをせずに結論を出してしまうケースが目立ちます。特に異論や反論を述べることに消極的なようです。反論して協調性がないと思われたくないという心理が働くからでしょうか。ディスカッションは井戸端会議では…

代理店・フランチャイズで成功を収めるために必要なことは?

手厚いサポートをしてくれる本部を探してみよう代理店・フランチャイズを始めるにあたっては、開業前から手厚いサポートをしてくれる本部と契約を結ぶことが肝心です。中でも、コンビニやファミレスなどのフランチャイズ事業については、百万円から二百万円ほどの自己資金があればすぐに自分の店持つことができますが、安定…

社内報の書き方!社内報だからこそできる企画がある!

社内報は社員が見るからこそ笑えるポイントがある社内報は社員が読むものですが、だからこそ面白くすることができます。社員がみんな社内報を待っているという会社の社内報は、社員にしか分からない笑えるポイントを押さえているものです。目立つ社員の特集を組んだり、皆が気になっていることにスポットを当てたりしていま…

仕事用のパソコンは実務性が第一!法人向けパソコン選びはここがポイント!

デスクワークに使うパソコンに求められる性能パソコンは大量の情報を効率的にやり取り出来る端末として広く普及しています。現在では殆どの業種でデスクワークの必須設備として扱われていますが、複数の端末で情報を共有するのが普通なので法人向けのパソコン選びは使いやすさと安定性を重視することが大切です。市販のパソ…

通販業者が使いやすいサービス!EC物流は理想的

負担が大きく減るので便利ECサイトで商売をしている人は毎日の出荷や検品に頭を抱えているでしょう。小規模なサービスで顧客の数も少ないとそれほど苦にはならないですが規模が大きくなると顧客も増えるので大変です。人を雇うのも良いですが人件費を考慮すると中々採用できないといった悩みもあります。 こういうときに…

自営業を始める時に一番に注意する事とは?

一番に注意すること…それはテナント選びです!自己資金もある程度貯まり、いよいよテナント選びをして具体的に話を進めているときは一番楽しいかもしれませんが、このテナント選びで失敗すると、経営の失敗にもつながるため充分に気をつけてください。「ここは駅前だし1階だし最高だろう!」と思っても、念のためにこの店…