知っていますか?就活で受ける適性検査のこと

適性検査の目的と能力検査の内容

就職活動では、就職試験の中に適性検査がある場合が多くあります。その目的は会社が望む人材を採用する為です。また多くの応募者がある場合はある程度人数を絞る為にも行われます。自分が希望する会社に就職する為には、この適性検査の対策をしっかり行う必要があります。適性監査には能力検査と性格検査があります。さらに能力検査は言語分野と非言語分野の2通りに分かれます。

言語分野は国語関係のテストで、文章理解や文章での意思伝達の能力を調べられます。一般的には語句知識や用法、文章や文節の並び換え、長文読解などが出題されます。テストの時間は大体30分です。非言語分野は数学分野での論理的な思考を調べられます。出題内容は四則計算、場合の数と確率、代金と利益の計算などです。時間は大体40分です。能力検査の問題集が市販されているのでこれらの対策は十分できます。特に算数や数学が苦手だった人はしっかり勉強しましょう。

性格検査の内容と対策

性格検査では200から300問の問題で、会社に適した性格かどうかを判断されます。出題形式は選択方式の場合が多く時間が短いので良く考える余裕はありません。十分考えさせずに答えさせることで、「素の人間性」を量ろうとしているようです。会社側が望む答えを出す為には、企業理念や業務内容などを十分認識しておくことが重要です。また「気持ちが表情に出やすいか」「落ち込みやすいか」など集団で業務を行う中での適性をみる内容もあります。この問題にはバランスの取れた人間性がどんなものか知っておくことで会社が期待する答を出せます。

新しく社員を雇うなら、長く働ける人を希望することが多いでしょう。そのため適性検査で見極めることが大切です。