会社を自分で始める前にやっておいたほうがいいこと

競合会社のチェックをする

現在は多種多様なビジネスがあり、まったくライバルがいない状態で商売を始めることはほぼ不可能だと言っても過言ではありません。自分が新しいアイデアだと思っているようなビジネスでもよく調べるとすでに同じようなことを考えている、または既に実践している会社が存在することがほとんどです。起業する前にはライバル競合車のデータをしっかりと取っておくことが大切です。特に調べておきたいのがライバル会社の商品の価格や会社の強み、そしてサービスの質です。だいたい20社くらいのWEBページをプリントアウトし、ファイリングしておきましょう。そしてそれぞれの会社のデータを分析し、自分の会社が勝っているところを見つけることが出来ればその部分を積極的にアピールしていくようにしてください。実際にライバル会社の商品を購入してみるのも自分の会社の商品との違いを見つける方法としてとても有効です。

事業計画書を作成しておく

実は会社の起業時には銀行など民間の金融機関でお金を借りること自体が至難の業です。特に有名なメガバンクなどはすでに大手企業と深いつながりを持っているため、わざわざ新しい企業にお金を融資しようという意識がないため門前払いされることがほとんどです。そこで強い味方となるのが国が運営している公庫です。公庫ならば新規に会社を立ち上げた人に対しても積極的にお金を貸してくれます。しかしながらお金を融資してもらうためにはどういった経営をしていくかを記した事業計画書が必要となります。事業計画書は1日2日でできるものではありません。ですから企業をする前にコツコツと書くようにしましょう。

会社の中で歯車として働くのではなく独立起業を考えるなら、フランチャイズ加盟がおすすめです。会社のノウハウを全て吸収できるところが大きな魅力です。