自分で作ると愛着もひとしお!?作ってみよう電気製品

電気製品は意外と自作できる!

「手作り」を趣味にしているという人は、多いのではないでしょうか。手料理やお菓子作り、手芸やDIYなど、何かを自分で作ることは人を熱中させます。そんな「手作り」で電気製品にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。電気製品を自作するというと、難しそうだったり危なそうというイメージがあって尻込みしてしまう人も多いかと思います。確かに部品がいくつもにわたる精密機器等の自作は難しいのですが、ラジオや延長コード、照明やセンサー、モーターを利用した製品等は作りやすく、初心者でも難しくないでしょう。

自作用の電気工作キットも販売されているので、そこからチャレンジしてみるのもいいかもしれません。電気製品の自作を趣味としている人の中には、パソコンやオーディオ機器、セキュリティシステムなどを作ってしまう人もいるようです。組立てに夢中になれる点、完成時に自分の想定通りに動くと達成感が得られる点は、大きな魅力の一つでしょう。

電気製品を自作する際の注意点

電気製品は意外と自作しやすく、初心者からでもチャレンジすることができます。しかし自作にあたって注意すべき点も、もちろんあります。ひとつは感電の防止です。配線の取り扱いなどには十分に注意しましょう。もうひとつは発火や火災の防止です。自作中に煙が出てきた、焦げ臭いにおいがするなどの異変を感じた際には、すぐに中止しましょう。また自作中は自作物から目を離さないようにしましょう。このような注意も必要なので、はじめは工作キットなどからスタートしてみてはいかがでしょうか。

プリント基板設計はいろいろな電気記号や電子記号を使って行われるため、専門的な知識が必要です。技能士などの関連資格を持つことが有効です。