職場に適したタイムレコーダーで勤怠管理を完ペキに行おう!

タイムレコーダーの導入時に確認したいこと

タイムレコーダーは、従業員数が多い職場で勤怠管理をスムーズに行ううえで欠かせないツールのひとつであり、今や業種や業務内容などにかかわらず、全国的に導入が進んでいます。そうした中、タイムレコーダーを初めて導入する場合には、販売実績のあるメーカーの製品カタログや公式サイトに目を通して、内蔵されている主な機能についてじっくりと調べることが大切です。特に、出退勤時間の自動集計や給与計算などの機能が備わっているタイムレコーダーは、導入コストがやや高くなることがありますが、経理や人事の担当者の手間を大幅に省けるといったメリットがあります。

クラウド型のタイムレコーダーも増えている

クラウド型のタイムレコーダーは、インターネット環境さえあれば、場所を問わず簡単に勤怠管理ができることから、大手企業や官公庁を中心に需要が高まっています。こうしたツールの月々の利用料金は、提供元の方針やプランの種類などによって違いがあるため、余裕を持って評判の良い業者の料金システムを正しく理解することが大事です。たとえば、大画面で勤怠管理ができるクラウド型のタイムレコーダーは、実務経験が少ない経理担当者でも簡単に使いこなすことが可能です。なお、クラウド型のタイムレコーダーを長く使い続けるうえで、導入後のアフターサポートがしっかりしている業者を探すことがおすすめです。その他、自社のニーズに合うタイムレコーダーを選ぶにあたって、様々なタイプの製品を導入している企業の事情をチェックしてみると良いでしょう。

タイムレコーダーとは労働者が出退勤する時間を記録することができる装置で、多くの企業で利用されています。