太陽光発電の魅力とメリット!とこれからの課題

太陽光発電の魅力とメリット

太陽光発電の魅力はなんと言っても、化石燃料を使わずに発電ができて、有害な物質を出さないことです。原子力発電は核燃料棒から出る熱で蒸気を作りタービンを回して発電しますが、核燃料棒はその役目を果たすと廃棄することはできず、高濃度の放射性廃棄物となり行き場がないごみになります。万が一トラブルが起きると、福島の原子力発電所のように周囲が放射能で人が住めない土地になってしまいます。
しかし、太陽光発電は燃料は太陽の光だけです。万が一のトラブルでも周囲に迷惑をかけることはありません。火力発電所のように二酸化炭素、窒素、地球温暖化ガスを出すこともありません。
太陽光発電は発電するための燃料はありませんし、排出するごみ、ガスもありません。地球や人類に優しい安心、安全な発電システムなのです。

これからの太陽光発電の課題

太陽光発電の燃料は光になります。昼間でしか発電できません。夏の暑い時期に発電できるのはいいのですが、夜は発電できないのです。
電気は貯めることができないエネルギーです。近年は大規模な電池も開発されましたが、まだまだ、都市の電力をまかなうほどの蓄電能力はありません。ですので、昼間は太陽光発電プラス水力、火力発電で電力をまかない、夜は火力、水力の発電だけで行います。
自然にやさしい発電ですが、1年、1日を安定的に電力を供給できないのです。そのため、昼間の電力を蓄電するなどして、昼も夜も太陽光発電の電力を安定的に供給することが課題になります。そのためにも新たな蓄電システム、太陽光発電の電力を他の地域へ供給するなどして、広く使うことができる発電システムにすることが今後の課題になります。

太陽光発電の価格は1kwあたりの価格が基準になります。ただこれは月々の電気代、売電収入、ローン費用などの個々の要因によって変わってくるので、設置にあたっては充分比較検討する必要があります。